2008年 11月 05日
あ、そうだ!高架下を見に行こう!~阪急電鉄・中津駅編~ その四
d0085501_18104956.jpg

d0085501_1811766.jpg

d0085501_18112296.jpg

d0085501_18113555.jpg

d0085501_18114977.jpg

d0085501_18121869.jpg

d0085501_18123485.jpg

今回もまだ、本格的な高架下の写真ではありません。
駅の構内を出て、ブラブラと高架下の町?への入口へ。
そして、高架下へ入ったら出迎えてくれる、ウルウル瞳のチャップリンらしき壁画。
そして、何やら楽しげなお店。
このお店のご主人は、この界隈ではちょっとした有名人のようですね。
高架下を芸術の発信地にしたいようであります。
このお店、中は物凄く広いのであります。
このお店の中で、いろしろな催しものを開催したり、また劇団の稽古場まであるそうです。
因みに、店先の左下のおじさんが御主人の似顔絵で、チャップリンさんの壁画は、
御主人のお嬢さんが描かれたそうです。

次回、いよいよ高架下に突入の巻であります。



いつもながら、その唐突な言動や行動で驚かされる方が居ます。
それは、我が嫁様。
先月末のお話です。

嫁 「なんや知らんけど、一眼って面白そうやね。」って。
私 「え?そりゃ、面白いよ。」
嫁 「私が使うんやったら、どんなんがええの?」
私 「え?小さくて軽い方がええのと違う。所謂、エントリー機種。」
嫁 「そりゃ、そうやね。簡単な方がええわ。」

それから、二、三日後。

嫁 「ねぇ、ニコンのD60ってどうんなん?それから、ペンタックスのK-mってのも。」
私 「え?ああ、ええのと違う。D60は触った事あるけど、かなり小さいし、作りもしっかりしてるよ。
   K-mはまだ触った事ないけど。って、なんで、急に?」
嫁 「ネットで調べたら、なんか一番ええかなぁって。値段も安いし(^^♪」
私 「え!ほんまに買おうと思ってたん!?」
嫁 「なんとなくね。それに11月3日までキャッシュバックやってるし。
   それまでに考えたらええかなぁって。」
私 「そ、そうやね。それまでに自分で触ってみた方がええのと違う?
   他にもいろいろとあるよ。」
嫁 「どんなん?」
私 「キヤノンも評判ええし、オリンパスなんかも小さいで。」
嫁 「ふ~ん。でも、ニコンのにしたら、totoさんと一緒やん。」
私 「そりゃあ、レンズも使い回し出来るけど。でもなぁ、カメラは自分で触ってから決めた方が
   ええと思うねんけどなぁ。」
嫁 「そんなもんなん?まだ期限まで日にちあるから、今度、触りに行こう。」

と、言いながら、私的にはそりゃあ、ニコンにしてくれればええかなぁ、って思いもありつつ。
でも、やっぱりカメラは触った時のフィーリングも大事。
半分、本気なのかも解りませんでしたが、やっぱり自分で満足した物を使わないとね。
その後、私はペンタックスのK-mを触りにいきました。
小さかったですねぇ。
作りも問題無でしたが、シャッターを切った時の感触が、ちょっといまいち。
でも、そこまで気にするかは人それぞれ。
一応、嫁様には報告。
でも、結局ギリギリまで、触れずじまいでした。
私も、当の本人が本気で買うのかは定かではなかったので、それほど真剣に時間を
作ろうとはしなかったのですけれど。
11月に入って。
既に3日。

嫁 「あ~、どうしよぉ。」
私 「え~、ほんまに買うのん?」
嫁 「そのつもりやけど。」
私 「え!ほんまかいな。ネットで買うの?」

嫁様はネットショッピングをよくしております。
カメラの話をした時に既にチェックしておりました。

嫁 「うん、ほら。」

なんと、既にカートに入れて、後はポチっとするだけ状態^^;

私 「な、なんや。それやったら、はよ、ポチッとしなはれ!キャッシュバックのタイムリミットがぁ!」
嫁 「え~、なんか安いと言うてもネットの買い物としては高いやん。
   自分でポチッとするんわなぁ・・・。」
私 「わけわからんなぁ(-.-)レンズ2本も付いて、その値段やで、キャッシュバックやったら僕のコンデジ買えるわ!」

と、私も訳のわからん理論ですが(苦笑)
そして、めでたくポチっとな。
やってきたのが
d0085501_2059497.jpg

Nikon D60であります。
嫁様はRICOHのR8で写真の面白さに目覚めたのかもしれませんねぇ。
でも。
本当に続くのか!?

あ、もし嫁様が厭きても、D60は私が使うから大丈夫^m^
[PR]

by shot-gan-army | 2008-11-05 21:12 | photograph


<< あ、そうだ!高架下を見に行こう...      あ、そうだ!高架下を見に行こう... >>