2007年 05月 28日
"プチ観光旅行気分でお散歩シリ~ズ#25"
d0085501_12234440.jpg

d0085501_1224723.jpg

d0085501_12242664.jpg

d0085501_12275149.jpg

”奈良公園”
リクエストにお応えして、今回は鹿三昧です。
え?
そんなリクエストしていない。
まぁ、いいじゃあないですか(^_^)v

奈良の鹿は保護されているとは言え、基本的に餌付けされていない、野生の鹿であります。
ご存知の方も居られるかと思いますが、奈良の鹿はお辞儀をします。
鹿せんべいが欲しいからだろうって意見もございます。
もちろん、それも一理あるでしょう。
では、誰が教えたの?
ってことになるのですな。
謎です。
鹿せんべいはあくまでもおやつ程度のものです。
鹿の主食は公園の芝や木の実、笹の葉だそうです。
平安京隆盛の時期、鹿は神様の使いとして接していたそうで。
時の支配者藤原氏やその他の貴族達も、鹿に出会うと牛車に乗っていても、降りてきてお辞儀をして挨拶したそうであります。
その時、おやつでもあげたのかなぁ。
それでお辞儀を覚えたのかも。
あ、これは私の勝手な推測ですから、信じないでくださいね(苦笑)
小鹿は親鹿のお辞儀する仕草を見て、覚えるのだそうですよ。
おもしろいですね。
因みに鹿せんべいを持っていなくても、お辞儀します。
一番、確実な方法は、鹿の目の前に行って、片腕を高く上げてみてください。
ちょこんとお辞儀してくれますよ。

財団法人奈良の鹿愛護会の方々の尽力や、周囲の住民、観光客の方々の理解で今では1000頭を超える鹿さん達がのんびり平和に暮らしています。
奈良公園へお越しの際は、この鹿さん達を優しく見守ってあげてくださいね~。
発情期の雄と小鹿を連れた雌の傍には近付かない方が良いかもしれません。

因みに奈良公園の鹿は天然記念物に指定されていますから、むやみに傷つけたら、罰せられますから、ご注意を。

以上、奈良公園鹿案内でしたm(__)m
[PR]

by shot-gan-army | 2007-05-28 13:00 | photograph


<< "プチ観光旅行気分で...      "プチ観光旅行気分で... >>