2007年 02月 05日
シリーズ~大和郡山散策・城下町に見た哀愁~vol.3
「両面石仏」

裏?
d0085501_848222.jpg

表?
d0085501_852296.jpg

欠損した頭部。
d0085501_8525221.jpg


表と裏に彫り物がしてある石板です。
これも恐らくは、石垣の材料として接収された物と推定されています。
何が珍しいのかと言いますと。
表は地蔵菩薩立像、裏は冥府で亡者を裁く十王のひとり、太山王と言う冥官ではないかと言われています。
即ち、地獄に落ちた亡者を裁く者と、救済する者がひとつの石に掘り出されていると言うことが、大変珍しいと言うことらしいです。
私的には頭部が欠損して無くなっているのが残念ですねぇ。

なんだか、観光地案内をやっているようで(苦笑)
[PR]

by shot-gan-army | 2007-02-05 09:25 | photograph


<< シリーズ~大和郡山散策・城下町...      シリーズ~大和郡山散策・城下町... >>