2006年 08月 18日
最後の銀塩
d0085501_1340646.jpg

現在、手元にある唯一の一眼レフカメラ。
今から10年程前に買った、PENTAXのMZ-5であります。
その更に30年程前の遥か昔、初めての一眼レフカメラは高校時代の愛機で、後ろのPC画面にある、ミノルタのXE。
今でも兄貴の所に実機はあります。

MZ-5は結婚して直ぐの頃、高校時代から10数年振りに、無償に写真が撮りたくなって、嫁さんと買いに行きやした。
店頭で値段を見た時には、各社の一眼レフカメラ群のその安さに驚きでした。
何せ、高校時代を過ぎてからはカメラに見向きもしてませんでしたから。
まるで浦島タロサ状態でしたよ。
もちろん高級なカメラのお値段は高いのですが。
「やったぁ、こりゃCANONの中堅機種が買えるやん!」
と、大喜びして物色している私の横から、嫁さんの一言。
「こっちの可愛らしいのにしとけば、予算が思い切り浮くやん!」
私は一瞬、目眩がしましたよ(笑)
「そ、そうやねぇ~。」
って、ことでペンタ君が私の元にやってきたのでした。
ちゃん、ちゃん。
[PR]

by shot-gan-army | 2006-08-18 14:01 | 独り言


<< 欲しいのは、K100D      呑気。じゃなくて、DOMKE >>