2010年 11月 28日
新・なんとなくならまち
d0085501_011039.jpg

d0085501_011382.jpg

d0085501_011686.jpg

d0085501_011922.jpg

d0085501_0111179.jpg

d0085501_011146.jpg

d0085501_011171.jpg

d0085501_0111988.jpg

さて、マイクロフォーサーズ。
私が持った初のデジタル一眼レフカメラはフォーサーズマウントのE-300。
なんだか懐かしい。
この日、いきなり持ち出してのテスト撮影だったので、ほとんど設定をいじらないで撮ってます。
AFエリアの枠を一番小さいスポットという大きさにしたぐらい(笑)
なので。
このカメラの写り具合に関する評価なんて、できないのですが。
発色はあっさり目でしょうか。
そして、明るい。
少し明るすぎるくらいかなぁ。
白とびしやすい傾向かなとも思ったのですが、これはデジタルカメラなので今のところはこんなものかなと。
ようは、まだまだ腕が未熟ということでしょう^^;
もう少し、癖を掴めればなんとかなると思います。
よく使うと思われる機能が、各ボタンに割り振れたり、メニューの浅い位置にあるので操作性は良いです。
色目でポップやレトロなんてあるカラーモードが楽しそうですね。
私、そんな機能のついたカメラなんて使った事がないもので(笑)
びっくりしたのは、シーンモードの中にあった”赤ちゃん”。
凄い時代になったものですなぁ(@_@。

次回はこの後行った、奈良公園界隈の紅葉を少々。
[PR]

by shot-gan-army | 2010-11-28 00:52 | photograph


<< 色取月を過ぎても 前編      続・なんとなくならまち >>